おすすめのコウモリ退治方法

日本に生息しているコウモリは、鳥獣保護法によって捕獲や駆除が禁止されていますから、もし屋根裏などにコウモリが住み着いてしまったという場合には、追い出すことが基本となります。

多くの人は、コウモリは害獣だと思っているかもしれませんが、ゴキブリや蜘蛛、蛾などの害虫を捕食することから、益獣と考えられています。


そのため、コウモリを殺すことはもちろんですが、捕獲することも禁じられていますし、野生動物ですから、病原菌も保有しているので、絶対にさわらないようにしましょう。



コウモリというのは、一度追い出したとしても、元のすみかに戻ってくる習性がありますから、コウモリ退治としては、追い出した後再び侵入しないように、侵入口を塞ぐことが大切です。コウモリは、古い日本家屋を好んで住み着こうとします。


これは、古い家屋には隙間があり、簡単に侵入することができるためで、体長5センチ程度しかないアブラコウモリは、雨風をしのぐことができる天井裏や屋根裏に住み着いてしまいます。
コウモリによる害としては、細菌や寄生虫が繁殖しているコウモリの糞にあります。



乾燥した糞を吸い込んでしまうと、アレルギー症状を発症する可能性もありますし、悪臭、ゴキブリや蠅などの害虫を寄せ付ける原因にもなってしまいます。



このように、コウモリの糞害は深刻ですから、早期にコウモリ退治を行うことが大切です。
コウモリ退治で効果的な方法としては、忌避剤を使って追い出したり、CDやアルミホイルなどの光を反射するものをぶら下げるといった方法があります。


どの方法も、追い出したあとは必ず侵入口を塞がないと、再度侵入されてしまいますから、気をつけましょう。